【中年男子必見】入る前に知っておきたい『酵素風呂』5つのポイント!

「テレワークのストレス発散したい!」

「コロナ自粛疲れを少しでも解消したい!」

「気分転換したい!」

このようなことを思いながら毎日がなんとなく過ぎていませんか?

そんなあなたに質問です。「酵素風呂」をご存知ですか?

数年前から女性の間では密かに流行っている温浴法のことです。

しいて言えば大分県別府や鹿児島県指宿の砂蒸し風呂に近いですね!

女性向けのサイトや情報は出回っていますが男性向けの情報サイトは
あまり見かけません。

そこで今回、20年来の健康オタクの私が『中年男子のための酵素風呂』の

情報を体験談を踏まえてお伝えしていきます。

酵素風呂に興味がある方、ストレス発散したい方、
気分転換したい方は是非参考にしてください!


目 次

1. そもそも酵素風呂って何?

 

『酵素風呂』とは、木のおがくず(ひのきを使用しているところが多い)や米ぬかなどの

有機物を発酵させ、電気やガスを使わずに自然発酵熱を利用して体を温める温浴方法の

こです。

 

砂蒸し風呂のようにとこに中に埋めてもらいます。

 

床は(とこ)60~70℃に保たれているようで入浴して体感温度は40~43℃位だそうです。

 

熱いのに入りたい人は、一番風呂がオススメだそうです。

 

酵素風呂にはプール式と桶式があり、プール式は複数人が一度に利用でき、桶式は一人で利用できる2タイプがあります。

 

私が通っている所は、桶式で一部屋ごとに区切られていてプライベート空間を保たれているので安心です。

 

2. 酵素風呂!どんな効果があるの?

 

リフレッシュ、疲労回復、肩こり、腰痛、冷え性、便秘、発汗効果、ダイエット効果、

健康促進効果、美肌効果、免疫力アップ、デトックス効果など

 

勿論、効果効能には個人差がありますし、一度の入浴で効果効能を得られるものではありません。続けることで得られる効果があると思いますので続けてみることをオススメします。

 

また最初はサウナや岩盤浴のようにリフレッシュ目的でトライするといいと思います。

 

なかなか汗をかかない私でも、入浴して5分もしたら大量の汗が噴き出してきました。

 

3. 酵素風呂の種類

お店によっておがくずに独自の酵素をブレンドしたり、100%米ぬかを使用したり、おがくずと米ぬかをブレンドしたりとお店によって様々です。

 

◆米ぬか系の酵素風呂(100%の脱脂こめぬかを使用しているところが多い)

 

 ・メリット:ビタミンやミネラルが豊富に含まれており美肌効果が期待できます。

 

 ・デメリット:一番は臭いです。米ぬか独特の発酵臭があり、シャワーでしっかり

        流しても臭いが残ります。

 

◆おがくず系の酵素風呂

 

 ・メリット:ひのきの匂いは、アロマ効果がありリラックスできます。

 

 ・デメリット:おがくずは米ぬかより粒子が荒いためチクチクしたり、

        こすりつけると肌を傷つけたりすることがあるそうです。

 

おがくず系の酵素風呂は未体験なので一度試してみます。

ちなみに私の妻は断然おがくず派だそうです。やはり米ぬかの臭いがダメなようです。

 

=========================================

また酵素風呂にはプール式と桶式があり、プール式は複数人が一度に利用でき、

桶式は一人で利用できる2タイプがあります。

 

私が通っている所は、桶式で一部屋ごとに区切られていてプライベート空間を保たれているので安心です。

=========================================

4. 酵素風呂の入浴方法

 

入浴方法は、お店によって多少異なりますが今回は私が通っている「博多のしずく」さんの入浴方法をご紹介します。

 

大半のお店が色々な備品を用意してくれているので手ぶらで行ってもO.Kです。

 

  1. カウンセリング

  まず体調の確認、ペースメーカーやコンタクトレンズの有無を確認します。(初回)

  また、入浴前に水分補給をします。

                                                                           (博多のしずくさんはごぼう茶を出してくれます。)

 

   下記のような場合は、入浴を断られることがありますので注意しましょう。

   ・満腹時

   ・空腹時

   ・アルコール摂取時

   ・出血されている所がある場合

 

  1. 着替え(入浴の準備)

  脱衣場で裸になっている間にスタッフさんが床(とこ)を掘ります。

 

  スタッフさんの準備が整い次第、隣の部屋よりお声をかけてくれます。

 

 お店によっては紙パンツを履いて入浴するところもあります。

 

  1. 入 浴

  入浴スペースに横になって、周りのぬかで大事な所を隠したらスタッフさんを

  呼びます。(呼び出しブザーがあります)

 

  スタッフさんが脚、腕、お腹、胸の順に温かいぬかをかけてくれます。

 

  慣れてくれば頭や顔にもかけてくれます。

 

  入浴時には耳せんは忘れずにつけましょう!

 

  1. 入浴中

    通常15分ほどの入浴ですが、途中で温かいぬかをかけ直してくれたり

  顔の汗を拭ってくれたりします。

 

 我慢できないようであればとこから手足を出して自分で調整することができます。

 

  1. シャワー

  タイマーが鳴り時間になったら自分のタイミングで起き上がりシャワー室でぬかを

  洗い流します。

 

  1. リラックスタイム

  準備してもらった着衣(作務衣のようなもの)に着替えて汗が落ち着くまで30分程、   

  身体を冷やさないようにして寛ぎます。

  

  水分補給も忘れずに!!

 

  1. 着替え

  汗が落ち着いたらパウダールームにて着替えて帰る準備をします。

 

  1. 次の予約

  日時等が決まっているようであれば次の予約をとります。

 

  定期的に通うようであれば回数券を購入することをおすすめします。

  

     ほとんどのお店が予約制ですが、特に今のコロナ禍なので必ず予約してから行きましょう!

 

5. 男性一人でも入店可能なお店の紹介

博多のしずく(福岡市):米ぬか100%酵素風呂

https://hakatanoshizuku.jp/

料金:初回お試し価格:¥2,500(1回)    通常:¥3,600(1回)

個室仕様でプライベートな空間で人目を気にせずに入りたい方にオススメ

 

Lani Ola(ラニオラ)目黒・白金台:ヒノキと米ぬかのブレンド酵素風呂

https://www.laniola.net/

料金:初回入浴:¥4,400(通常:¥6,600)

ヒノキのおがくずと米ぬかの良いとこどりをしたい方にオススメ。

 

ひのき酵素風呂と美容整体のもぐりん(横浜緑区):ひのき酵素風呂

https://www.kouso-mogurin.com/onyokumenu

料金:初回限定:¥3,300(通常:¥4,400)

ヒノキの森林浴効果でリラックスしたい方にオススメ。

 

Bonjour de こんにちは 港区六本木:米ぬか酵素風呂

https://komenukakousoyoku.com/about.php

料金:¥3,900(通常60分コース)

芸人のゆりやんレトリィバァが面白おかしく酵素風呂の紹介をしています。

→ ゆりやん、埋められる!?米ぬか酵素浴体験!!【ゆりやんレトリィバァの突撃ビューティ】

六本木という土地柄芸能人と遭遇するかも・・・?

 

酵素ラボ 世田谷区祖師ヶ谷大蔵:米ぬか酵素風呂

https://kousolabo.tokyo/top.php

料金:¥3,300(初回入酵は「HPみた」の合言葉で税込価格から300円引き)

家族みんなで入浴したい方にオススメ。

 

酵素風呂コクウ 大阪市北区:ひのき酵素風呂

https://www.kokuu.info/

料金:¥3,300(通常50分コース)

築100年の古民家でやすらげる空間。

関西地区でも数少ないプール式の酵素風呂を完備!

 

BOKA spa(ボカスパ) 福岡市:ひのき酵素風呂

http://boka-spa.com/spa/

料金:¥3,800

アジアンテイストな店構えでバリニーズ・マッサージと組み合わせた

「バリ式酵素温浴」でバリの気分を味わえる!!

 

6. まとめ

『酵素風呂』とは、おがくずや米ぬかを発酵させて電気やガスを使わずに

 自然発酵熱を利用して体を温める温浴方法のこです。 まさにSDGsですね!

 

・効果効能には個人差があるので、まずはリフレッシュ、気分転換、ストレス発散で

・紹介したお店は、新型コロナ感染予防対策を十分に配慮して営業されています。

 

・おがくず酵素風呂、米ぬか酵素風呂には、それぞれメリット・デメリットが

 あるので自分に合いそうだなって思った方にトライしてみましょう!

 

・入浴方法はお店によって異なりますのでお店のルールに従って入りましょう!

 

・男性が入店できるお店も増えていますので最寄りのお店に気楽な気持ちで

 予約して行ってみましょう。

 

・次回は、酵素風呂のメリット、デメリットについて解説したいと思います。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です